日蓮正宗 正栄山 妙縁寺
妙縁寺

歴史・沿革

江戸時代から続く400年以上の歴史

古地図 妙縁寺は、京都要法寺の開山日尊上人によって創建されたと伝えられていますが、年代は不明で寛永6年(1629)に日舜上人が中興しました。 朝廷との関係が深く公家寺として知られています。

文化財

夜鶴井の碑 夜鶴井の碑 かつて境内にあった井戸の銘碑。江戸時代、水源が乏しく人口が多かった江戸の街で境内の井戸は人々に貴重な水を供給しました。 現在は墨田区の文化財となっています。

篤姫との関係

篤姫 薩摩藩老女で妙縁寺信徒の小野嶋は、薩摩藩藩主・島津斉彬や第十三代将軍徳川家定正室・天璋院篤姫を日蓮正宗に導く役割を果たしました。