日蓮正宗 正栄山 妙縁寺
妙縁寺

ゑにし

日蓮正宗正栄山・妙縁寺の機関紙「ゑにし」は、妙縁寺の檀信徒に対する日蓮正宗の正しい信心の在り方を示し、御住職の御指導のもと僧俗一致して日蓮大聖人の仏法を広める事を目的に発行しています。
現在では、殆ど散逸された昭和53年3月発行の「妙の縁」のガリ版刷りから今日の「ゑにし」に至るまで、創刊準備号としての「妙縁寺報」を、そして先代の御住職・高橋信興御尊師より妙縁寺の「縁」を取られて日蓮大聖人御真筆写「ゑにし」として命名された次第です。
ゑにし この機関紙名の含意は、妙法の縁によって集い合った私達が正法広布のために、誰一人として欠かせない役割を担っており、異体同心の信心と唱題によって境界が大きく開かれていくという意味が込められています。
妙縁寺の機関紙は、諸先輩方の並々ならぬ信心と努力の結晶であり、その源を辿れば750余年にわたって先達が命を懸けて信仰を守り貫き通した賜物でもあります。

※PDFで開きます

  ・ゑにし 第400号     (平成26年6月8日)
  ・ゑにし 第397号     (平成26年3月9日)
  ・ゑにし 第396号     (平成26年2月9日)
  ・ゑにし 第395号     (平成26年1月12日)
  ・ゑにし 第395号 特別編  (平成26年1月12日)
  ・ゑにし 第388号     (平成25年6月9日)
  ・ゑにし 第387号     (平成25年5月12日)
  ・ゑにし 第386号     (平成25年4月14日)
  ・ゑにし 第385号     (平成25年3月10日)
  ・ゑにし 第383号     (平成25年1月1日)
  ・ゑにし 第382号     (平成24年12月9日)
  ・ゑにし 第381号     (平成24年11月11日)
  ・ゑにし 第380号     (平成24年10月14日)
  ・ゑにし 第378号     (平成24年8月12日)
  ・ゑにし 第377号     (平成24年7月8日)
  ・ゑにし 第375号     (平成24年5月13日)
  ・ゑにし 第373号     (平成24年3月11日)
  ・ゑにし 第372号     (平成24年2月12日)
  ・新年の辞  (妙縁寺御住職・光久日康御尊能化)
  ・ゑにし 第370号     (平成23年12月11日)
  ・ゑにし 第369号     (平成23年11月13日)
  ・ゑにし 第368号     (平成23年10月9日)
  ・ゑにし 第367号     (平成23年9月11日)
  ・ゑにし 第366号     (平成23年8月14日)